ホーム > オーガニック100%!オーガニッククルー!オーガニックニュース > SEMINAR > あなたの化粧水、誰がどうやって作っているのか、ご存知ですか??

あなたの化粧水、誰がどうやって作っているのか、ご存知ですか??

ネオナチュラル_へちま.JPG

“1歳になる娘のアトピー性皮膚炎がひどく、気をもむ日々。
病院の処方薬で一時的に症状は治まるものの、しばらくするとまた悪化。
敏感肌用のボディーソープをいくつ試しても、なぜか悪化。
なんとかしてやりたい。
娘に合う製品がないなら、いっそ自分で作ってしまえ。
そうやって始まった、手作り石鹸。
昔から肌にいいとされる様々な自然素材を研究し、試行錯誤の繰り返し。
その石鹸を使った娘の症状も徐々に改善し、
同じ症状に悩む近所のお子さんにお裾分けした分も評判は上々。
評判は人づてにどんどん広がり…”

これを読んで、「あぁ、ネオナチュラルね」っと思われた方、
既にナチュラルコスメに親しんでいらっしゃるのではないでしょうか??
そう、これはネオナチュラルの始まりのお話。

「肌の弱い方でも安心して使えて、心地よい使用感の製品」としておなじみの
ネオナチュラルが考えるスキンケアとは、
 【 肌本来の働きを支える 】
こと。

そして、そのための原料へのこだわりが、もの凄い。
なんと、“土作り”から製品作りをスタートしているのです。
なんのこっちゃ、と思われますよね(笑)。
つまり、ハーブや米ぬかなどスキンケアの原料を
自らの有機農場で育てているのです。
自社有機農場以外の原料は、
真のパートナーである有機農家さんが作った心と技のこもったもの。
だから、この化粧水が、いつ誰がどこでどうやって作ってくれたものか、が分かるのです。
 

9/9に参加したネオナチュラルのセミナーで感じたのは、
製品への紛れのない自信と思いの強さ。
この思いのつまった製品に応えられる程、
私は自分の肌のことを思いやれていたかな??と恥ずかしくなるくらい。
ネオナチュラルの製品の香りと使用感のよさにハマって愛用していますが、
乾燥の季節を前に、より肌に向き合ういいきっかけを頂きました♪

ネオナチュラル_母袋.JPG

Pickup

Calendar

アーカイブ